雑草取りの負担を減らす為の方法

雑草を取りたいなら、体に負担をかけない方法を考えましょう。自身で雑草取りができる広さならいいですが、ホテルや旅館では、広範囲にわたって雑草が生い茂っていて雑草取りだけで1日を費やしてしまうことも考えられます。負担がかからない雑草取りのポイントを抑えておくと、スムーズに雑草取りができます。

力を使わずに雑草取り

力を使わずに雑草取り

力を使わないで雑草取りを行う方法として挙げられるのがシャベルの使用です。シャベルを使って根っこから雑草を引っ張ると体への負担が少なく効率良く作業ができます。しかし、シャベルが入らない場合や土が固いなどといった場合には、黒いゴミ袋を使用して雑草を枯れさせてから取るという方法をお試しください。

黒いゴミ袋を雑草が生えている地面に飛ばないように錘を上において敷き、1週間~10日間ほどそのままにします。その後に、ゴミ袋を取り除き、枯れている雑草を引き抜いて捨てます。つまり、黒いゴミ袋を使用し日光を遮って光合成ができないようにし、雑草を枯らせてしまうという方法です。

草刈り機を使う

草刈り機を使う

草刈り機は、立ったまま操作することができてスピーディーに作業を行うことができますので、雑草取りの負担を減らすことができます。

最近では、軽いタイプの草刈り機も発売されており、そのタイプには安全性の高いプラスチック製のブレードを使用しているので、女性でも安心して使用できます。

防犯砂利を使用する

防犯砂利を使用する

雑草取りを楽にする方法としておすすめなのが防犯砂利を使用することです。防犯砂利を庭に敷くことで、雑草が生えるのを最小限にすることができます。使用方法も簡単で、雑草取りが終わった後、雑草が生えやすいスペースに防犯砂利を敷くだけです。

防犯砂利を敷いても雑草は生えてきますが、その量は敷く前と比べると圧倒的に少なく、生えてきたとしても上手く光合成ができていないので、根っこが弱く簡単に雑草取りができます。マンションやホテル、高級旅館など、お庭の手入れが行き届かない場合におすすめです。

ご自身での雑草取りが難しいようでしたら、大阪市にあります中尾造園にご相談ください。中尾造園は、一戸建てだけではなくマンションや高級ホテル、高級旅館など様々な外構造園のサポートを行っております。雑草取りだけではなく、剪定植木、エクステリア全般に関するプロフェッショナル集団です。庭木伐採・剪定をしてほしい、害虫駆除を行ってほしいなど、様々なご要望にお応えいたします。大阪府や近畿エリアで剪定・植木・エクステリアをご検討の方は、是非中尾造園にお任せください。